キャッシングの複数社利用にはデメリットがある

キャッシングの審査の時には、個人信用情報機関にて管理されている情報を照会する事になります。その情報を見ればどこの会社からいくらの借り入れがあるのかがすぐにわかります。それはキャッシングだけではなく、住宅ローンや車のローン、またクレジットカードの利用状況や携帯電話の端末料金まで、額の大小にかかわらず全ての借り入れ状況が記録されているのです。

 

複数のキャッシング会社からの借り入れは、状況によっては可能です。ただし、安易に複数者から一度に借りてしまうのは、デメリットもたくさんあるため注意が必要でしょう。まず、借り入れの際にある審査ですが、審査を申し込むと結果の合否にかかわりなく審査を受けたという事実が個人信用情報機関に記録される事になります。例えば一度に複数者まとめて審査に申し込みをかけた場合、その分だけ審査の記録がしばらく残る事になります。

 

それがなぜデメリットになるのかというと、その後に新たにクレジットカードを作りたい時や、ローンを組みたい時、同じく審査が行われますので当然信用情報を確認される事になります。その時既に多くの借り入れがあって、返済能力に限界があったり、複数の審査を受けて落ちていたりすると、他社でもお金を貸す信用に値しないと判断されてしまっているという事がネックとなり、審査に大きく響いてしまう可能性がかなりあるのです。

 

また、消費者金融や信販会社には総量規制という貸金業法にもとづいたルールが存在しています。これは収入の3分の1を超える融資ができないようになっている法律です。もしも他社で既にこの収入の3分の1ギリギリまで借り入れを行っているのであれば、どんなに頑張っても審査に通過する事ができないでしょう。ちなみにこの総量規制は銀行には適用されていませんので、場合によっては銀行のカードローンを利用する事が可能かもしれませんが、銀行は審査も厳しめですから、既に複数者借り入れている状態でさらに貸し付けを行うというのは現実的には難しいでしょう。

 

キャッシングの審査は、スタッフが行う本人確認や在籍確認作業以外に、コンピューターを使用したスコアリングシステムで審査をします。ですから、事情を説明すれば少しは多めに見てくれるような事ももちろんありませんし、純粋に返済能力の有無を総合的に判断してから結果を決める事になります。複数社からの借り入れが、どのような状況でそうなっていったかにもよりますが、すでに返済が苦しくなってしまっているのであればおすすめしたいのがおまとめローンです。

 

多重債務になってしまったらローンを一本化

キャッシングを利用しているうちに、1社で限度額いっぱいになってしまい、2社目でさらに借り入れる。そんな具合に利用していくうちに多重債務になってしまう人もいるかもしれません。

 

多重債務になると、返済日も月に何度もあってコントロールが大変ですし、1社に返済するためのお金を他社で借りて返すなど、キャッシング会社間でお金が巡回してしまい、利息だけが膨らみ借金が終わらないという状況になってしまいます。

 

そんな時は、銀行や消費者金融各社で扱っているおまとめローンで複数ある借金を一本化する事をおすすめします。おまとめローンにはメリットがたくさんあります。まず複数あった返済日が1日にまとまります。そして、おまとめローンは総量規制の対象外ですから、収入の3分の1を超えてしまっても借り入れが可能になります。そして金利も普通のキャッシングなどよりも安く設定されていますので、多重債務状態で返済し続けるよりも支払う総額が安くなります。

 

このようにおまとめローンを利用して、まずは膨らみ過ぎた借金を圧縮して、どんどん返済をしていく事に専念したいものです。そうすれば債務整理などを免れる事ができますから、信用情報に金融事故などの傷が付いてしまう事はありません。

 

まとめ

複数社から借り入れをする事はあまりおすすめではありませんが、もしも多重債務になってしまったら、借り入れ先をそれ以上増やすのではなくて、おまとめローンの利用をまずは検討してみましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日