保証人と連帯保証人は何が違う?

銀行等からお金を借り入れするときに「保証人」を立てます。保証人は「保証人」と「連帯保証人」がおり、二種類存在しますが、似て非なるものです。キャッシングをするときには保証人は通常立てませんが、この二種類の保証人はどのような違いがあるのでしょうか。

 

保証人

保証人は、お金を借りた人物が返済できなくなってしまったとき、その代わりに支払い義務を負う人間のことです。保証人は借りた人物が支払い能力があれば支払い義務がありますが、お金を借りた人物が支払い能力があれば、保証人に支払い義務を負わせることはありません。

 

連帯保証人

銀行などで借り入れをするときに立てる人物のことを連帯保証人と言います。連帯保証人は借りた人が返済不可能になったら、その分のお金を支払う人のことを連帯保証人となります。連帯保証人は保証人とは違い、借りた人間と同じ責務を負わされることになりますし、借りた人間よりも連帯保証人のほうが支払い能力があると判断されたときには、連帯保証人の方へ取り立てを行うことになります。そのさいは、連帯保証人側に拒否権はありません。保証人と連帯保証人は似て非なるものなのです。

 

キャッシングではどうなのか?

キャッシング時には、保証人や連帯保証人は必要ありません。キャッシングで借りるのはあくまで本人であり、自分自身でお金を管理して返していくというのが基本となります。ただし、銀行の場合は保証人制度はあります。なお、個人事業者にも保証人制度はありますが、キャッシングは計画的に借り入れをし、返済していくのはあくまでも自分自身ということに代わりはありません。いつでもどこでも借りられるサービスだからこそ、自己責任のもと、しっかりと利用していかなければならないのです。

 

キャッシングでお金を借りるときには、申し込みから審査、借り入れ、返済など、手続きや流れを借りる側が理解して行っていくことで、双方ともに揉めないやり取りが可能となります。担保、保証人が必要なのは車のローンやブライダルローンなど、目的がはっきりしているローンになりますが、低金利で利用できるようになっています。担保保証人に困っていないなら、目的別ローンも検討してみるとよいでしょう。

 

  • キャッシングのさいの保証人は不要!
  • キャッシングが保証人がいらない代わりに自己責任と自己管理が大切になる。
  • 保証人に困っておらず、用意できるのであれば目的別ローンも視野に入れてみよう。

 

まとめ

キャッシングでの保証人は必要ありません。ですがその分、金利が高く設定されています。キャッシングには保証人は要りませんが、保証人の立場や役割をしっかり考え、頼める方が周囲にいるのであれば、キャッシングとは別のローンも検討してみて、そちらを利用するといった選択肢も考えておいて損はありません。結果的に、キャッシングを使いこなすのは自分自身であり、借りるのも返すのも自分自身の責任においてなのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日