キャッシングにおいては信用情報は何よりも重要

キャッシングにまつわる単語で「信用情報」というものがあります。これはお金を借りる人たちの過去の延滞事故や他社からの借入状況などを見て、申し込んできた人にお金を貸してもよいかどうかを判断するために使う情報のことです。この情報はキャッシングの申し込みをして利用するときには確実に記録され、その後も逐一記録されていきますので、審査時のみの使用ではないことを覚えておきましょう。

 

この信用情報はキャッシング会社で総合的な判断をもとにサービスの提供をしたり、更新をしたりしなかったりという判断に使われます。そのため、あるキャッシング会社で枠が付いていて現在、お金を借りているのにもかかわらず、自分の限度を超えてキャッシングを追加で行おうとすると借入が止められるケースがあります。申込時の情報や収入によってはそれまでのキャッシング枠が止まったり、新規融資が不可能になることもあるので信用情報に傷をつけるべきではないのです。キャッシングを利用するときには、他社での借入がない状況で申請するのが一番であるということです。

 

綺麗な信用情報とは何か?

綺麗な信用情報というのは、以下の4点になります。

 

  1. 過去2年間のあいだに延滞がない
  2. 過去5年間のあいだに事故実績なし
  3. 少ない借入金額
  4. 休眠状態ではなく、定期的にサービスを利用している

 

過去2年間のあいだに延滞がない

キャッシングの信用情報は2年間保持されていますので、過去2年のあいだに延滞をしているとその時点でバレてしまいます。ただ、数日の遅れぐらいなら信用情報に記録はされません。最低2週間以上の延滞、または数日間の延滞でも何度も延滞していたりすると、記録されてしまいます。なぜすべての延滞が登録されないのかということについては、タイムラグがあるからです。

 

お金を貸している会社が信用情報を登録するまでのあいだには少し時間がかかるため、その間に入金して返済すれば登録されないこともあるということなのです。しかし、短期であっても何度も延滞していると信用情報に記録されてしまう危険性は高くなるので、延滞に関しては慎重に事を進めてください。もし気になるなら、信用情報機関に開示請求を行い、信用情報を見てみることをおすすめします。開示請求は500円から1,000円程度で行えるので、簡単に行うことが可能です。

 

過去5年間のあいだに事故実績なし

2年の情報保持というのは通常の場合です。もしも延滞をしたままカードを解約してしまったり、何らかの原因でカード自体を解約されてしまったというときなどは、事故情報として5年間、その情報は残ってしまうのです。事故実績を作ってしまったら、その会社だけではなく、他社でも借入は難しくなりますから、5年間はカードを作ることはできないと思ってよいでしょう。

 

国内の信用情報機関は3つありますので、自分の使っている信用情報機関がどの機関かを確認しておき、申し込もうとしている会社が別の信用情報機関を使っていれば問題なく申し込めるので、そういった方法もあります。

 

少ない借入金額

借入金額は少なければ少ないほどよいです。少なく借りているほうが返済できる可能性は上がりますし、キャッシング会社からみても信頼度は高くなります。しかし、少なすぎる金額を借りてまた別にお金を借りようとすると審査が入る場合がありますので注意しておいてください。

 

休眠状態ではなく、定期的にサービスを利用している

カードを使っている履歴というのは、印象は悪くありません。反対に一度もカードを使ったことがない人というのはどんな顧客かわからないので、情報に関しても未知の顧客として処理されますが、定期的にカードを使ってお金を借りていて、返済がきちんと行われている方については「優良顧客」としてグレードが上がります。ですから、カードを使ってお金を借りることも信用情報のレベルを上げる大切な手段と言えるのです。

 

  • 信用情報は細かい部分までしっかり記録されている
  • 定期的なサービス利用者のほうが印象が良い
  • 開示請求は安い手数料で誰でも開示可能

 

まとめ

カードを定期的に利用している人というのは、印象は悪くないのです。むしろ継続してカードを使っている人はきちんとした顧客であり、返済をしていれば優良顧客と見られるのです。そのため、カードの利用は定期的に行い、返済は延滞なく行い、使っていきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日