即日融資のためには収入証明書不要の少額融資を希望しよう

急にお金が必要になった時に利用したいのが即日融資のキャッシングです。即日融資に対応している消費者金融は少なくありませんからチェックして申し込みをしましょう。即日融資でも審査はありますから素早く審査を終えるために借入の希望額は最低限にしておく必要があります。希望額が大きければキャッシング業者は審査を慎重に行う必要がありますから、それだけ審査時間が長くなってしまい即日融資に間に合わない可能性があるためです。

 

借入希望額が大きい場合は収入証明書が必要に

大抵の場合は少額だと本人確認ができる免許書などを提出するだけで借入ができます。しかし50万円以上の借入や他社からも既に借入をしている場合だと収入証明書の提出が必要になる場合があります。審査する項目が増えるわけですから審査自体に時間がかかることもありますし、少額のキャッシングに比べて審査自体が厳しくなることも予想されます。最悪の場合だと融資自体が受けられない場合があることも考慮しましょう。また審査には家族構成であったり過去の返済に滞納がないかどうか等もチェックされます。

 

借入額と総量規制について

消費者金融でキャッシングを利用する時に法律上の上限金が定められています。総量規制という言葉を聞いた事があるでしょうか?総量規制によって融資額の上限を年収の3分の1までとするといったルールが定められています。
この融資額というのは複数の業者から借入がある場合には全てを合計した金額で計算されます。年収の3分の1を超える借入希望を提出すれば当然融資は受けられません。また他社からの借入が複数ある場合は審査時間が長くなる可能性があります。ちなみに総量規制では銀行からの借入は例外となっています。

 

即日融資は50万円以下が目安

即日融資を受けたい場合の目安となる金額は50万円以下となります。50万円以下であればほとんどの場合で総量規制の対象にもなりませんし、収入証明なども必要ないためスピーティーに審査を終えられます。また業者からしても貸付したお金を回収しやすくリスクが低いと言えるからです。もちろん50万円以下というのは一つの目安ですからこれ以上でも即日融資を受けられる可能性はあります。逆に50万円以下でもパートやアルバイトの場合は必ず即日融資を受けられるとは言い切れません。少しでも可能性を高めるためには必要最低限の少額でのキャッシング利用をおすすめします。

 

最低限の金額に加えて利用用途も重要に

お金を貸す業者からすると利用用途が明確である方が信用しやすくお金を貸しやすいと言えます。たとえ年収が多くても借入の希望額が高額で利用用途が不明瞭であれば不審に思い貸しにくいわけです。なるべく利用用途については具体的なものを「生活費」などの返済能力の低さが透けて見えるもの意外で記入しましょう。もちろん虚偽の報告はいけませんから嘘でない範囲で印象の良い理由にしましょう。利用用途が明確で小口の融資であれば比較的簡単に融資を受けられます。

 

本当はお金を沢山借りて欲しい

消費者金融ではお金を貸すことで金利を受け取り利益を出しています。つまり沢山お金を貸した方が儲かるわけです。ですから信用できる顧客には沢山のお金を借りて欲しいと考えています。そのため少額のキャッシングを希望した場合、条件さえ揃っていれば少し高い限度額を提案されることもあります。もちろん必ずその額を借りなくてはいけないという事ではありませんが、余裕を持って融資を受けたい場合は提案を受けてしまって良いでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日